読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【感想】演劇「ツレがウヨになりまして。」

つい先日、京都市内某所で笑の内閣上皇高間氏と知り合った。

ツレウヨのことは前々からツイッターでフォローしてる方々が話題にしていたので知ってはいた。

「ツレがウヨになりましてってあるけどさー、何年も前にそれ体験してるもん。元カレがネトウヨだった!」と上皇にお話しすると、それなら是非先駆者に観てもらおー、と早割チケットを買うことになったのだった。

 

元カレがネトウヨだった話は古参フォロワーなら知っていると思うが

彼「(車中にて)バイト先の中国人腹立つわー」

私「その人が仕事できないことと国籍は関係ないやん」

彼「俺、中国人とか韓国人とか嫌いやから!」

私「へーそう、じゃあ車から降ろして。嫌いなんでしょ?さよーなら(即降車)」

彼「えっちょっと・・待ってくれーーーーー!!!!!いかないでーーーーー!!!!!」

 

というエピソードがありまして。この件は元カレが平謝りすることで終わったが(その後別れたのは別の理由である)笑の内閣はどういう答えをつきつけるのか?易しい選択肢などまるでなさそうな”ネトウヨとの恋愛”をどう料理してくれるのだろう、と期待しながら会場へ向かった。

 

感想は、一言でいうと、”コメディとしてはおもしろい”。

それ以外の要素でよかったとは言えない。(ごめんなさい)

なぜなら、ネトウヨがどうこう以前に、劇中で展開される恋愛が破綻しているからだ。

愛国心と恋愛をキーワードにしたうえで、「汚点を見ないふりしたりしてごまかさず、そのまま認めて愛することこそ真の愛である」という落としどころを出したのが「ツレウヨ」のストーリーなのだが、愛国心に対してはともかく、劇中の恋愛にその解をあてはめるには無理がありすぎる。

 

まず、主人公あおいの彼氏蒼甫がダメ男すぎる。何一ついいところが見当たらない。

人間関係は利害だけで構築するものではない、だが、他者に害をなし甘ったれているだけで努力もせず頭も意志も弱いなよなよしたデメリットしかない男なんて問題外である。そいつが唯一承認欲求を満たせるのが排外主義もしくは美女による無償の愛だなんてダサすぎる。後者なんてまるでセカイ系の焼き直しではないか。

せめて蒼甫の過去のかっこいいエピソードの一つでも語られていたならば、まだ何とか、という感じだけれど。魅力…なかったなぁ。

 

ふたつめ、蒼甫の愛し方(愛国心)が気持ち悪いと劇中でつっこまれていたが、あおいの愛し方(恋愛)も相当気持ち悪い。

上記のように蒼甫には何一ついいところがないんだけど、あおいは何故蒼甫から離れないのか。ダメ男に対して私がいないとあの人はダメなのだ、という執着。

これを純愛と呼んでいいのだろうか?

あおいのセリフ、あおいの行動のひとつひとつは、デモデモダッテばかりだ。私にはあおいは自ら牢屋に入り、自らの手で牢屋の鍵を投げ捨てるようなヒト-つまり、DV被害者なんかにありがちな共依存にしか見えなかった。

一方の与えるリターンが極端に少なく、もう一方は精神的に追い詰められ自ら退路を断ってしまわねば成立しない恋愛とは・・

 

以上が恋愛劇として破綻していると感じた理由である。

 

 

最後に、蒼甫が行った他人を害する行為について、蒼甫から(他のどのキャラクタからも…)内省や批判がなかったことがものすごく消化不良な感じだった。

蒼甫の「思想」へのツッコミとして

天皇陛下の意志に全然従ってないじゃん

・韓国韓国言ってほんとは韓国好きなんじゃないの?

・日本が評価されることを自分が評価されることと勘違いしてる

など言われることはあったけれど、すっぽり抜け落ちている目線もある。

まあ、当たり前なんだけど、ネトウヨの言動、書き込み、行動で傷つく実在の人間っているんだよ。そのことへの言及が全くなかった。あえてその問題点は省いたのかもしれないけど、そのへんの清算をせずに終わるのって不完全燃焼だなーと。難しい問題だし、誰が正解出せるんだよって話だけど、トライしてほしかった部分である。

あおいが蒼甫に言った「ネットで何言ってもいいけど街でやるのは~」みたいなセリフで「ハァ?」と思ったこともあって、最初から最後まで奥歯にモノ挟まってる感が抜けなかったのは確か。

 

 

 

 

 

批判の文章ばっかりになったけどコメディとしては面白かったっす。実際何回も笑うところあったし。あとお父さん役の俳優さんがモロ好みだった。でもネット右翼って題材を活かしきれたかっていうとちょっとなーというところです。