陰謀論とか相対性理論の歌詞だけにしてほしい

カンタンに右翼とか左翼とかヒトの立場を表すのに使われるけどさ、twitterみてたらいわゆる左翼のイメージである反原発の立場の人が人種差別したりしてるのって結構ある

 

一番多いのはユダヤ人が裏で何でもかんでも手をひいてるって言説で、その他に朝鮮人とかイスラムとかあるけれど殆どは陰謀論に基づいた脅威説である

 

オバマを信じる人々により陰謀論が拡散され信憑性のある形態になる現象を書いた論文があるが(http://t.co/t83mWrodhE)、その中でこれはと思う一節があった

 

陰謀論は国家やマスコミへの不信感はもちろんゼノフォビアやネイティビズムを吸い上げてあらわれるものであると

この論文では反オバマや反ユダヤに関して述べられているが、日本で言ったら在特会やその幻想を共有する人々が該当するし、その他何故か大麻クラスタ・反原発クラスタに多いユダヤ人やイルミナティの陰謀を信じる人々もそれにあたる

 

これで既存の右翼ではなく一見ふつうの人がきわめて政治的で過激な排外主義発言をするようになるという現象の説明がつく

 

これまで調べていたネット右翼に関する先行研究では格差社会だの不景気だの、在日特権()を信じてバッシングする人々にそれらしい背景をあたえてなんとかそれっぽい分析にしようとしているが、なんてことはない、そもそも人々のなかに自分とはちがう<他者>に対する嫌悪感・蔑視感情があるからこそ陰謀論が力を持つのだ

 

その発言をするヒトが右翼だろうが左翼だろうがフェミだろうが男根主義者だろうが反原発だろうが原発推進派だろうが大麻愛好者だろうが主婦だろうがサラリーマンだろうが非正規雇用だろうがヤンキーだろうがオタクだろうがリア充だろうが非モテだろうがミュージシャンだろうがボカロ中毒者だろうが関係ない、心の中に他者を疎外する感情があれば誰だって今日からだって陰謀論者になりうる

 

 

 

 

生物学的性だってグラデーションなくらいだから、何事もグラデーションだ

レイシズムにもグラデーションがある

陰謀論者を極めて濃いほうの排外主義だとすると、薄い排外主義はkpopはゴリ押しとか軽く言っちゃえる人々がそれにあたる

彼らはたぶん○○人死ね!とは言わないだろうが、彼らの中にも他者への蔑視感情があるからして、新世界秩序が世界を動かしているとは思わないが流行のポップスに対して馴染めない気分をゴリ押し説に投影するのである(もしもこれがフランス発エレクトロ新人ユニットだとかなら話は別 音楽文化における欧米への蔑視感情がないのと音楽ジャンルへの親和性によって陰謀論に吸い上げられる余地がない)

 

現代社会において人種差別的言説が闊歩する悲惨な状況ができてしまったのは、歴史修正主義の存在も確かにキーであろうが、歴史修正主義を信じなくともひろく都市伝説のような言説が跋扈し定着してしまう背景に、誰もがもっている他者への蔑視がある

陰謀論など昔は一部のトンデモな人々のものでしかなかったのに今になっておおっぴらに語られるようになったのは、排他的感情をコアとしつつ、パイオニア(東海アマとかかな?影響力のあるツイッタラー)による陰謀論的言説発言→フォロアーによる拡散とフィードバックによる幻想の強化→ウィキリアリティの形成という、ネットがインフラになった時代だからこその構造が出来たからなのである

 

これに対してどのような対抗策を打ち出せばよいのか?

 

陰謀論をとなえるヒトがいたら、彼女もしくは彼が他のあらゆるテーマで自分と意見を同じくしていてもそのヒトの発言自体を拡散させないこと

だって陰謀論言ってる時点でさしたる論拠・学術的根拠もなく発言してるのが目に見えてるので…

(陰謀論者の論述の手口については「ユダヤ陰謀説の正体」という新書でくわしく批判されている)

 

他は宮台が言うように民度をあげる=2ちゃんに書いてるよーなことはゴミというくらいのリテラシーが一般的に普及する 程度のことしか今は思いつかない・・